ホーム > スポーツにおけるケガの治療

スポーツにおけるケガの治療

スポーツにおけるケガの治療

スポーツにおけるケガの治療 競技にもよりますがスポーツにおけるケガで最も多いのが、足関節の捻挫、肉離れ、靭帯損傷などがよく見られます。ただ、プロのスポーツ選手を除けば、足関節の捻挫や、肉離れなどでは少し安静にしたし、痛みが軽減した時点で、テーピングをしたり、サポーターを付けて復帰している方はとても多いです。そのような状態で復帰したとしても、症状が悪化するケースが多く、競技を続行することが困難になり、再びプレーできなくなる・・という事が大半だと思います。
なので、捻挫が癖になってしまったり、少し疲労が溜まると違和感や痛みが増したり、テーピングやサポーターがないと怖くてプレーできない、思い切ったプレーが出来ない、などで悩んでいる方が大勢いらっしゃいます。

安静=完治ではありません。ケガの状態が重いほど、安静にしていただけでは元に戻りません。
適切な処置と、適切なリハビリを行ってこそ復帰できるのです。
 

スポーツ障害の治療について

  • ケア不足
  • 疲労
  • 不適切なフォーム
  • ウォーミングアップ不足
  • 筋の協調性の低下
  • 筋機能の低下
  • 柔軟性の欠如
 
多くのスポーツ選手が体のどこかに痛みを抱えています。ほとんどの場合、競技を続けながら治していかなければなりません。
ですから、日ごろの体のメンテナンスが大切になります。あなたの身体の気になる部位をクリックしてください。

スポーツ障害の治療について

多くのスポーツ選手が体のどこかに痛みを抱えています。ほとんどの場合、競技を続けながら治していかなければなりません。
ですから、日ごろの体のメンテナンスが大切になります。あなたの身体の気になる部位をクリックしてください。