ホーム > スポーツにおけるケガの治療 > 股関節の治療

股関節の治療

恥骨結合炎

恥骨結合炎 恥骨結合炎は、左右にある恥骨を結合する軟骨円板の炎症の事です。
普通の生活をしているだけでは痛めることはほとんどありません。サッカーやマラソンなど足をよく使う競技では、軟骨・靭帯・腱に継続して負担がかかるので、痛みが出てきます。恥骨結合炎は、慢性化して治りにくくなる事もあります。
 
症状
  • 太ももや腹部に放散する痛みが出る
  • ボールを蹴る時に痛い
治療法
まず太もも・腰・お腹の筋肉の緊張を和らげることが第一です。
恥骨に付着している筋肉(お腹や太ももの筋肉)の緊張を和らげ、恥骨の負担を軽減させることが大切です。

梨状筋症候群

梨状筋症候群は、一般的にスポーツ選手に見られることが多いと症状です。特にランニングなどで股関節の屈伸を繰り返すスポーツでは、坐骨神経を摩擦し圧迫することが多いため、神経炎が起こりやすいです。
 
症状
  • お尻の裏側に神経痛のような痺れが走る
  • 太腿の裏側に神経痛のような痺れが走る
治療法
梨状筋症候群に対して整体治療を行います。梨状筋は、骨盤の歪みがある場合に特に硬くなってしまいます。
その梨状筋が固くなってしまった状態を改善するためには、骨盤の位置を正常に矯正し、固くなってしまった梨状筋を柔らかくしていくことが大切です。

脱臼(股関節)

脱臼(股関節) 脱臼は、関節を構成している骨同士が正しい位置に置かれていないことが原因となり起こります。骨の位置がずれるのは、強い力が関節部にかかることを原因となります。脱臼した関節は、関節を取り巻く靱帯を引っ張ることになる為、炎症や靱帯断裂の原因になる場合があるので注意が必要です。
 
原因
脱臼の原因として考えられるものはいくつかあります。
産まれる前の要因としては、骨盤位、双角子宮、多胎、子宮筋腫、羊水過小などが関わっていて、胎児の不良肢位が発症につながると考えられます。 ですが、産まれた時に股関節が脱臼しているというケースはごくまれで、ほとんどの場合、お母さんやお祖母ちゃんが股関節脱臼だったなど、遺伝で脱臼しやすい要因を持っている子が、無理に足を伸ばした状態で固定されてしまった為に起こると考えられています。また、オムツとの関係も深くて、オムツが赤ちゃんの足の動きなどを制限することが原因だという考えもあります。